【初めて投資に挑戦】株入門の基礎知識を知る!

初めての株に入門する初心者のためのポイントを紹介!

株とFXを比較

・経済の流れを知ることができる
・株主優待券がある

FX

・お金の流れや仕組みを理解することができる
・投資の基本知識はとても簡単

株を始めるための準備リスト!

  • 投資資金
  • ネットが使える物(スマホやパソコン、タブレットなど)
  • ネット環境

【初めて投資に挑戦】株入門の基礎知識を知る!

株式

株って何?

株というのは、一般的には「株式」と言われていて、株式を発行している企業から、株式を購入することで企業は資金調達することができます。それに株を保有した瞬間から「株主」になり、株主限定の優待を受けることができます。例えば、食品関係の企業なら、人気商品の詰め合わせ、ホテル業なら無料宿泊券、大手ファーストフード企業なら商品券など特別な優待を受けられるのが特徴です。それに、株を購入した企業が注目されると「株価」という株式の価値が上がり、株式を売ることで、購入した際の価値との差額で利益を得るということもできます。優待サービスを受けるために株主になるのか、利益を得るために株主になるのかは自由です。

株の始め方

株を始め方は、とても簡単で、5つの流れをクリアするだけです。1つ目が株の資金を集める、2つ目が株を始めるために必要な証券口座を選ぶ、3つ目が選んだ証券口座を開く、4つ目は証券口座に資金を入金する。最後の5つ目で株を購入するのです。

株の注意点

株の注意点で、特に入門者に言いたいことがあります。それは「必ず株の知識を付ける」ことです。株はお金が必要になります。適当に投資すれば良いということではなく、しっかりと銘柄を選び投資することが必要です。そのため、知識をつける必要性が高いのです。ただ利益を得たいということで初めても、知識がないと、銘柄の探し方や、チャートの見方などがわからないと話になりません。投資信託に依頼することも良い考えです。でも任せっきりは、よくありません。必ず基本知識は必要となります。始める前に株のシミュレーションを自分で行ない、ある程度自信がついたら、自分で株の投資を始めると良いですよ。